2014年秋冬のバニラエア成田-奄美便は、水・木が狙い目です

2014年8月19日 ≫ 奄美大島 | 生活情報

こんにちは。お盆も終わり、夏休みのもうそろそろ終盤ですね。
今年の夏は、奄美ではいつもより観光客の方を多く見かけるような気がしてます。
と思っていたら、こんな記事を見つけました。
7月に成田-奄美間を就航した、バニラエアの搭乗率は好調のようですね。

バニラエア

短パン、Tシャツ、ビーチサンダル。奄美大島から成田へ向かうバニラエアの機内は、海に出かけた格好そのままの乗客であふれ返っていた。若者と家族連れが中心で、スーツ姿のビジネスマンは皆無。これこそ、ほかのLCCとは異なる、バニラエアが目指す「リゾートLCC(格安航空会社)」の姿そのものである。

バニラエアは7月1日に成田国際空港―奄美大島線を毎日1往復(エアバスA320型機、180人乗り)で就航した。7月の同路線の搭乗率は8割を超えており、8月8~17日のお盆期間中の予約率は97.2%となっている。7月19日の海の日からの1カ月間は全便がほぼ満席状態。これだけの期間にわたって満席が続くのは、国内LCCでは初めてといっていいだろう。

筆者が7月下旬に搭乗した際も往路は満席、復路も残席は10席以下だった。特に奄美大島に向かう便では、海へ遊びに行く子供たちが元気いっぱいで飛行機に乗っている姿が多く見られた。LCC新規路線は就航してしばらくの間は苦戦するのがこれまでの常だったが、現在の予約状況を考えると、8月の搭乗率は確実に9割を超えてきそうだ。

バニラエア、奄美大島で上げる反撃ののろし(東洋経済ONLINE)

そして、今週は嬉しいお知らせがありました。
「バニラエア奄美-成田間」が延長になりました!!
私の周りでも利用した方が結構多くて、浸透しているのがよく分かります。
なんといっても、この運賃で奄美と東京を行き来できるのは、本当にお得です!
お盆も大活躍だったみたいですよ~
夏休み期間だったことも拍車をかけ、帰省や家族旅行で利用する方も多かったようです。
この調子で、バニラエアを盛り上げていきましょう!
そして、奄美と東京の交流を深めて行きましょう!!

新たに発表された10月から1月の料金を見てみると・・
なんと5,500円という金額が見えます。

何末年始でも、うまく日程を選べば、15,000円で往復できる日もありそうですね。

バニラエア10月料金

 

バニラエア11月料金

 

バニラエア12月料金

 

バニラエア1月料金

 

2014年8月19日時点で、バニラエアの公式サイトで、発表されている最安料金になります。
今後、キャンペーン等で変更もあるかもしれませんので、公式サイトをご確認ください。
http://www.vanilla-air.com/jp/

奄美大島の空の玄関口、奄美空港でもあま肌を販売しております。
1階到着口を出てすぐ、エアポートショップありむらさん。

エアポートショップありむら

 

あま肌

 

2階の出発口のすぐそば、南西商事さんでも、あま肌、絶賛販売中です。

南西商事

あま肌奄美空港

夏だけじゃない、秋冬にも奄美は、魅力いっぱいの島ですよ!!



〔関連の投稿〕