今年も値上げの9月といわれているようです

2014年9月1日 ≫ 時事の話題 | 生活情報

こんにちは!!
今日から9月。新学期が始まりましたね。
9月といえば、毎年、値上げの9月といわれています。
今回は乳製品、缶詰、コーヒーなどの私たちの生活に関係するものの値上げがあったようです。

9月、食料品値上げ相次ぐ 乳製品や缶詰など原材料上昇

乳製品、缶詰などの食料品が9月1日から相次いで値上げされる。原材料の国際価格や国内での取引価格が上昇しているためだ。食料品では、天候不順による野菜の高値が続いており、これに続く値上げは、家計を直撃しそうだ。

値上がりする食料品の中では、生乳の価格上昇に伴う乳製品の値上げが目立つ。国内酪農家の廃業が増えているなか、天候不順による牧草の品質低下で、生乳生産量が減少し、仕入れ価格が上昇。乳牛の餌となるトウモロコシが国際相場で高止まりしていることも影響している。

出展 Sankei.Biz

また、

値上げラッシュは秋も続きます。9月からは缶詰やコーヒー、乳製品などが値上げされます。消費税増税後も相次ぐ値上げが生活を直撃していますが、なぜ、「値上げの連鎖」は起きているのでしょうか。

壁一面に並ぶ缶詰。定番の「いわし」や「スパム」。「だし巻きたまご」といったユニークなものまで、およそ250種類。実は、この飲食店、料理はすべて缶詰からつくる缶詰バーなんです。

「他で売ってない缶詰があって面白い」(男性)
「全体的にリーズナブル」(男性)

客は好きな缶詰を選び、温めたり、焼いたりと、ひと手間加えます。1缶200円からと、安さと手軽さが売りですが・・・

「スパムシリーズ、サバ缶、コンビーフの仕入れ価格が上がっている」(Mr.kanso神田店 横山寿人 店長)

原料の肉や魚の高騰で缶詰の仕入れ価格がじわりと上昇しているというのです。店では、やりくりして価格を据え置いてきましたが、限界が・・・

9月も生活直撃、“値上げの連鎖”
TBS系(JNN) 8月29日(金)20時21分配信

 

おにぎりやゴーヤ炒めなど奄美の家庭料理にかかせない缶詰「スパム」も値上げするみたいです。
スパムとは、ソーセージの中身を腸ではなく、缶に詰めたものでランチョンミートと呼ばれているか加工食品です。1937年の誕生以来欧米では普通に売られている缶詰ですが、日本では沖縄、奄美など第2次大戦後、アメリカ軍の占領下にあった地域で売られています。
奄美ではスーパーなどでも売られていて、おにぎりの具としても人気です。

 

スパム

 

 



〔関連の投稿〕