実もお茶も美肌効果も高いグァバ。奄美のあちこちでいい香りが漂っています

2014年9月26日 ≫ 奄美大島

こんにちは。
日中と朝晩の寒暖差が激しくなってきましたが、皆さんは秋の夜長をいかがお過ごしでしょうか?
奄美ではこの季節、外で夕涼みをしているととってもイイ香りが漂ってきます。
犯人は・・・グァバの実です!
島では、バンシロとよんでいます。

うちの近所にはグァバの木が何本か植えられているので、この季節になると毎年沢山の実と共に、グァバ独特の香りが漂ってくるのです。
奄美では民家の庭木として植えられていることが多く、住宅街でもよくみかけるんですよ。グァバ

グァバの実は生でも十分おいしいですが、ネクターやジャムなどにしても、食べやすくておいしいです。
栄養も豊富で、その中でもビタミンCは断トツ!中くらいのグァバの実1個に一日に必要なビタミンCの2倍くらいが含まれています。
風邪の予防、疲労回復、肌荒れに効果があるんですね。
ビタミンBの一種、葉酸も豊富なので、妊婦さんにもありがたいですね。

実にも栄養はたっぷりですが、葉を乾燥させたグァバ茶も注目されていますね。
グァバ茶にはポリフェノールの一種、タンニンという成分が多く含まれていて、美肌効果が高く
日焼けによるシミやそばかすを予防するのに効果があります。
これだけでもありがたいのですが、基礎代謝を高めたり血糖値を下げる効果があるので、
ダイエットの役にも立ちそうです。
カフェインが含まれていないのに、食物繊維が豊富なのも魅力的ですよね。

奄美でも昔からグァバ茶(バンシロ茶)はよく飲まれていて、スーパーなどでも奄美産のグァバ茶が売られています。

グァバ茶

また、4月ごろには小さな白い花が咲き、島の春を彩ってくれます。

グァバの花

実にも葉にもたくさんの栄養が含まれていますので、ぜひこの機会に一度お試し下さい。
もちろん、バンシロだけではなくバランスのとれた食事を心がけてくださいね。
みんなでバンシロ美肌を目指そう!!



〔関連の投稿〕