台風も過ぎさり、改めて自然の脅威を感じました

2014年10月15日 ≫ 奄美大島 | 時事の話題

こんにちは。
今朝は非常に冷え込み、あまりの寒さに目が覚めました。
これも台風の影響ですかね・・・
一気に冬に近づいたような。。。

台風が過ぎ去り、徐々に被害の大きさが公になってきました。
島では農作物の被害が多く、新聞などでも多く掲載されています。
サトウキビやタンカン、ポンカンなど風でなぎ倒されたり落果しただけではなく、
生き残ったものも潮風の影響で質が低下しているようです。

以前このブログでも紹介させていただいた、宇検産のサトウキビやマンゴーの木などは無事でしょうか・・・
だいぶ大きくなっているはずですが・・・近々また見に行けたらと思います。
サトウキビが不作ということは、黒糖や黒糖焼酎など色々な特産品にも影響します。

さすがに2週連続の台風ともなると、予想以上に被害が大きかったです。
自然からの恵みは偉大です。
反対に自然から受ける影響も凄まじいです。

どうにか上手く付き合っていきたいものですね。。。image



〔関連の投稿〕