あまかんの「鶏飯」に「ミキ」のパンナコッタ

2014年11月15日 ≫ お取り扱い店 | 奄美大島

こんにちは。
今日は奄美でも寒い一日になりましたよ。
こうなると、あったか~いものを食べて体を温めたいです。奄美の強度料理であたたかいといえば、鶏飯ですね。

先日は、奄美観光ホテル(あまかん)1階「鯨石庵」の鶏飯をいただいてきました。
奄美観光ホテルは、昭和41年、奄美ではじめて開業した観光ホテルで、昭和43年には天皇陛下が、皇太子時代にお泊りになられたそうです。
現在は、宿泊はできなくて、結婚式、宴会、会議などで奄美では定番のホテルです。

奄美観光ホテル

鶏飯は、「けいはん」と読みます。奄美の代表的な郷土料理です。
鶏飯については、以前の投稿で、食べ方など書いてますのでご覧ください。

シマッチュなら常識!?奄美の郷土料理「鶏飯」の美味しい食べ方

これが、あまかんの鶏飯(¥1,020円)。スープは「あっさり」と「こってり」から選べます。これは「あっさり」です。ご飯(お変わり自由)、具材、スープ、小鉢が2つ。
「あっさり」といっても、スープはアミノ酸をたっぷり含んだ鶏の出しですので、お肌の乾燥が気になる時期には最適です。

鶏飯

鶏飯

デザートには、ミキのパンナコッタがついてました。甘さ控えめなミキで、季節のフルーツジャムとの相性は抜群でした。
この日は、ブルーベリージャムでしたが、季節によっては地元、奄美産のパッションフルーツのジャムなどになるそうです。

ミキというのは、奄美で古くからある発酵食品で、米とさつまいもを乳酸菌で発酵させたお米ヨーグルト的な飲み物です。
もともとは、お米の豊作を願う神事に用いるために集落ごとに作られていて、ミキを飲めば1年間、病気にかかりにくくなるともいわれていたそうです。
今でも、奄美ではスーパーなどで、牛乳パックやペットボトルに入ったものが売られています。

ミキ

手軽に鶏飯が楽しめるフリーズドライ鶏飯といっしょに、あま肌もレジ横にあります。
テスターもありますので、あまかんにお越しの際は、ぜひ、お試しください!

あまかん

フリーズドライ鶏飯は、通販でも入手可能です。ほんと、お湯をかけるだけの手軽なのに、味はかなり本格的です。



〔関連の投稿〕