ツワブキの花が咲くと今年も終わりに近づいたなぁと気づきます

2014年11月28日 ≫ 奄美大島 | 時事の話題

こんにちは。
もうすぐ師走だというのに、連日25℃!なんと夏日の奄美です(笑)
こうも暑いとうっかり季節を忘れてしまいそうになりますが、会社の裏山に、たくさんのツワブキの花が咲いているのを見つけました。
秋を告げる花、フヨウのように、ツワブキの花が満開になると、そろそろ年末年始の計画を考えはじめなきゃなぁと思います。

ツワブキは、奄美の方言では「ツバシャ」といって、茎は食用にします。骨付き豚肉と炊いた料理は、奄美の定番の正月料理です。
ツワブキには、ピロリジジンアルカロイドという毒があるので、よーく灰汁抜きしないと中毒になったり、肝臓に負担がかかったりしないといけないので、野草を採るときは注意が必要です。
奄美の地元スーパーには、灰汁抜きしたツワブキも買えるので、灰汁抜きのやり方がわからなくても安心です。

さぁ、そろそろ今年も終わりに近づきます。年末年始の予定がまだ決まってない、という方、一度、奄美旅行を検討してみてはいかがでしょうか?
年末年始のバニラエア、成田-奄美便が増便になって予約が始まってます。最安の場合、往復11,000円でチケットが手に入るかもしれませんよ。

年末年始のバニラエア成田-奄美が増便されます(11/27正午予約開始!)

ツワブキ

ツワブキ

 

ツワブキ



〔関連の投稿〕