奄美大島宇検村で地域おこし協力隊を募集していますよ

2014年12月11日 ≫ 奄美大島

こんにちは。
今日は雨の奄美大島です。昨日の工場見学の時に降らなくてよかったです。
さて、あま肌のオリジナル保湿成分である「黒糖もろみエキス」※は、奄美大島南部の宇検村(うけんむらでなく「うけんそん」と読みます)で採れたサトウキビから作られます。
宇検村は人口約1,900人、村の90%以上が山地で、奄美大島で一番高い山「湯湾岳」があります。

宇検村については、今までにも、このブログで何度もご紹介していますので、よかったらご覧ください。

宇検村を知る①~宇検食堂~
宇検村を知る②~さとうきびのこと~
宇検村を知る③~奄美大島開運酒造~
宇検村を知る④~黒糖もろみの作り方

その宇検村が、今、地域おこし協力隊を募集しています。

「地域おこし協力隊員」を募集ます!(宇検村公式サイト)

募集人員  地域おこし協力隊員 1名
(宇検村の嘱託職員)
主な業務内容  宇検村観光物産協会の業務支援を主として、都市との交流や宇検村オーナー制度の運営、特産品開発に取り組んでもらい、居住集落の行事や地域コミュニティに関する活動にも積極的に参加してもらいます。
報酬  月額 166,000円 (社会保険料等を含む。)
待遇・福利厚生  ・ 社会保険 (健康保険、厚生年金、雇用保険)

・ 住居、車、パソコンは無償貸与

申込受付期間  平成27年2月13日(金)まで
提出書類  ・ 応募用紙
・ 履歴書
・ レポート
・ 住民票及び運転免許証の写し
申し込み
問い合わせ
  〒894-3301
鹿児島県大島郡宇検村湯湾915番地
宇検村役場 総務企画課
電話 0997-67-2211 FAX 0997-67-2262
メール soumuk@uken.net

地域おこし協力隊とは、国の事業で行われていて、公式サイトにはこのように説明してあります。

「都会を離れて地方で生活したい」「地域社会に貢献したい」「人とのつながりを大切にして生きていきたい」「自然と共存したい」「自分の手で作物を育ててみたい」・・・。
今、都市に住む人たちがさまざまな理由で豊かな自然環境や歴史、文化等に恵まれた「地方」に注目しています。

地域おこし協力隊は、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に誘致し、その定住・定着を図ることで、上記のような意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とする取組です。

具体的には、地方自治体が都市住民を受入れ、地域おこし協力隊員として委嘱し、一定期間以上、農林漁業の応援、水源保全・監視活動、住民の生活支援などの各種の地域協力活動に従事していただきながら、当該地域への定住・定着を図っていくものです。

地域おこし協力隊より引用

有名なイケダハヤトさんのブログでも何度か地域おこし協力隊について書いてありました。

安倍首相いわく「地域おこし協力隊を3年で3倍にする」。東京に疲れたあなた、地方でチャレンジしてみては?

安倍政権肝いりの「地域おこし協力隊」で失敗する若者が続出しそうな件

雄大な大自然と、独自の伝統文化が受け継がれている宇検村。
気になる方は、宇検村役場へ問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

 

焼内湾(湯湾岳展望台より)_R

株だしさとうきび2



〔関連の投稿〕